EMERICAシューズについて

初めまして、店舗スタッフの下堀(シモホリ)と申します😊

スケートボードのスニーカーにはたくさんのブランドがあると思いますが

今回はEMERICAというブランドの紹介をしていきたいと思います!

EMERICAのシューズの特徴としては

見た目がクールかつシンプルなデザインで

どんな服装にも合わせやすい

またほとんどのシューズがスウェード素材で作られていてとても頑丈になっています。

そんなEMERICAのシューズのいくつか紹介していきたいと思います!

KSL G6


【素材】
スエード/ヌバック/レザー
カップソール

スパンキーの新作モデル、【The Spanky KSL G6】

インソールに衝撃吸収性の高いG6 FOAMインソールを使用しています。

サイズ感は幅少し細めですがジャストサイズでも良いかと思います。

余裕をもって履きたい方はハーフサイズ上がお勧めです!

DICKSON

【素材】
スエード/キャンバス
バルカナイズドソール

Dicksonは、長持ちするように設計された

ラバーアンダーレイであるFlick Shieldを備えています。

また、Jon Dickson自身によるカスタムアートワークを使用して、

アウトソールにデザートグリップトレッドを配置してグリップを向上させ、

ポリウレタンG6インソールを耐衝撃性にしています!

WINO G6

【素材】

スエード/キャンバス
バルカナイズドソール

アフタースケートをテーマに今まで販売されていたWINO を新しく改良し耐久性が向上!

さらに履きやすくなりお洒落な1足に仕上がった人気のワイノモデルに

G6テクノロジーをプラスした WINO G6 が待望リリース!

インソールには衝撃を速やかに吸収するG6 Impact Resistant Polyurethane Insoleを装備しているため

最高のクッショニングが実現されています!

TEMPLE

【素材】
スエード
デザートグリップトレッドアウトソール

テンプルは、クラシックなコートにインスパイアされたモデルで、

耐久性に優れているため、純粋なスケートシューズになっています。

先程から紹介しているG6フォームインソールに加え、

強化されたOllieGuard、補強ゴムつま先などと

最高質の耐久性が実現されています!

最後に

EMERICAのシューズをいくつか紹介させていただきました!

エメリカは、スケートボードのためのブランドなので数々のライダーのフィードバックがあり、進化し続けるラインナップを揃えています。

スケートボードはもちろん、耐久性やグリップ力によりMAN WITH A MISSIONも履いていることでも有名なブランドです。1度履いてみてはいかがでしょうか?

ここで1つお得な情報を。

現在CRASSのショップではEmericaシューズ2足お買い上げで2点目半額セールを行っています!

キッズモデルもあるので、親子でお揃いもできちゃいます!

ご家族でも、ご友人同士でもOKです🙆‍♂️

興味がありましたら、各種SNS又は店頭までお越しください😊

最後までご覧いただきありがとうございました!

Facebook
https://www.facebook.com/CRASSSAPPORO
Twitter
https://twitter.com/CRASS_sapporo
instagram
https://www.instagram.com/crass_sapporo/

品揃えがバッチリな通販はこちら↓メジャーブランドからコアなブランドまで取り揃えています↓
https://crass.theshop.jp/

スタッフ:下堀

[LOGOS]アウトドアグッズ入荷!!

LOGOSとは

Enjoy Outing! ロゴス:LOGOS
ロゴのイメージからか海外のブランドだと思われることがあるLOGOSですが、実は日本のアウトドアブランドです。

設立は1985年です。その頃のスケートボードは映画「Back to the Future」が公開され第三次スケートブームが到来しています。

ロゴマークであるメイプルリーフは「自然と人を繋ぐ第一ブランドでありたい」との願いが込められており、「アウトドアという自然と人が共存する空間でしか得られない喜びを、もっともっと楽しんでもらいたい。」

その思いを、メイプルリーフの葉脈の様に自然と人との繋がりを広げているブランドです。

オススメのLOGOSアウトドアグッズの紹介

氷点下パックGT-16℃

https://item.rakuten.co.jp/crass-skate/odc0008/

表面温度がなんとー16℃!一般的な保冷剤と比べて約8倍の保冷能力があります。どのぐらいの冷凍能力があるというとクーラーボックスの中にある飲み物が凍るぐらいです。

そして保冷時間がとても長く、二泊目のクーラーボックス内の温度が猛暑の中でも10℃前後で保たれることです。なので食材の鮮度が保たれたりいつでもビールや飲み物をキンキンに冷やすことができます。またクーラーボックス内に食材を詰めすぎないようにしたり、日陰にクーラーボックスを設置し開閉を少なくしたり等の配慮をすることでクーラーボックス内の温度は長時間いい状態に保つ事ができます。

“氷点下パックGT-16℃”は様々なサイズがあるのでクーラーボックスのサイズに合わせてチョイスしたり小さいサイズの保冷剤を隙間に入れてあげたりと様々なシチュエーションで活躍すること間違い無しです!

https://item.rakuten.co.jp/crass-skate/odc0012/

“氷点下パックGT-16℃”の使用時の注意点は凍結させるまでの時間が長い事です。完全に凍結させるには38時間から48時間かかります。なので2日以上冷凍庫の中を占領することになります…

なので前もってしっかりと準備することが重要です。

LOGOS ナバホ Tepee

https://item.rakuten.co.jp/crass-skate/odt0004/

構造が簡単で、設営手順が少なくテントを長けた事がない方でも短い時間で設営できます!

設営が簡単なのでキャンプの初動がかなりスムーズになり、キャンプのメインでもある調理やレジャーの時間もしっかり確保できます。

”LOGOS ナバホ tepee” は300(大人二人)と400(大人二人+子供)の二つのサイズが展開されています。

風や雨にも強くてデザインもとても可愛いいところもおすすめです。円錐状の形をしていて若干窮屈かもしれませんが、一緒にキャンプするパートナーや仲間と距離もグッと縮まるところも魅力の一つです!

また、グラウンドシート(地面とテントの間に引くシート)や付属のフライトシート窓を使う事でより快適にキャンプを楽しむことができます。

最後に

アウトドアはとても楽しい反面やはり危険も伴います。何をするにもリスクが付き纏うその中でも最大のパフォーマンスするにはやはり一緒にアクティブする仲間と協力することや自然に向き合うことがとても大切だと思います。スケートボードではどんなトリックでもスポットでもリスクが付き纏います。その中でも仲間と最高の瞬間を共有したり、しっかり向き合ってメイクするところはアウトドアもスケートボードの通ずるところではないでしょうか?

そこでしか味わえない緊張感や達成感、そこで得た経験は葉脈のように広がり続けあなた自身を成長させ続けるでしょう!

Facebook
https://www.facebook.com/CRASSSAPPORO
Twitter
https://twitter.com/CRASS_sapporo
instagram
https://www.instagram.com/crass_sapporo/

品揃えがバッチリな通販はこちら↓メジャーブランドからコアなブランドまで取り揃えています↓
https://crass.theshop.jp/

スタッフ:鳥羽 6/29

YOW入荷!!

YOWとは?

YOWはスペインで生まれたサーフスケートブランドです。

スペインといえばサッカーが有名ですが、スケートでは世界中のスケーターが武者修行をしに行く「マクバ」サーフィンでは世界最高峰の大会が開催された「ムンダカ」など有名なスポットを有していて横ノリも盛んな国なことをご存知でしょうか?

YOWの誕生には「波がない日も、サーフィンがしたい」というスペインローカルの夢がありました。YOWの由来にもその意味が込められていて『Your Own Wave:あなた自身の波で』の略で舗装された傾斜を波に見立てて、いつでも、どんな場所でもサーフィンに近い感覚を味わうことができます。

サーフスケートに重要なヤウのトラックであるYow Systemは特許取得済みのトラックです。

YOWのスケボーに乗ることで、サーフィンと似たパンピング、カービング、カットバックの動きのトレーニングが可能です。

特徴としては操作性の高さで、初めてスケボーに乗る方でも簡単に曲がったりと恐怖感無くボードを傾けてコントロールすることができます。簡単に曲がれるスケボーなんですがしっかりと全身を使ってターンを切ることでサーフィンやスノーボードである『ターンの重み』を感じられ上級者やオフトレに使用する方にもおすすめです。さらにもちろんスケボーなのでボールやストリートにあるバンクなどハードに攻めることも可能です。

おすすめのYOWサーフスケート紹介

PYZEL SHADOW

板の長さが少し長めで、ウィールベースが短めのモデルです。

デッキが長くなると両足のスタンスの幅が広く取れサーフボードにより近いスタンスが取れます。

ウィールベースが短いので回転性は上がります。

また『PYZEL:サーフボードカンパニー』の『SHADOW』モデルのスケールを小さくしたまんまのデザインとなっており、サーファーの方や『PYZEL』ユーザーにもってこいのボードです。

ARITZ ARANBURU

ウィールベースが長めで安定性のあるモデルになります。

ウィールベースが長いことで大きくグラつくことがなく安定して乗れるので初心者でも乗りやすさを感じることが出来ます。またウィールの硬さが76Aなのでしっかりグリップしてくれて、さらに全身をつかってしっかりとターンを切ることもできるので上級者の方にもおおすめです。

サイズも2種類展開していて、短いほう(30.5inch)が女性の方と子供にも使いやすいサイズ感になります。

サイズが長い方(32.5inch)が男性の方におすすめです。

YOW GROM MUNDAKA

回転性がよく、しっかりとテールがありよりスケートライクなモデルになります。

前側のトラック上記に紹介したボードとは違うものがついており、上記のモデルよりも簡単曲がることが出来ます。またウィールベースも狭いのでよりクイックな動きができます。

またボードの長さも長くスタンスを広くとって乗ることができるのでサーファーやスケーターの方にはおすすめです。

テールがしっかりあるのでボールやストリートでもハードに攻めれるボードです。

最後に

YOWボードのモデル名はサーフィンのスポットや有名なサーファーの名前を用いています。もしあなたの憧れの人や場所、旅行で行ったことのある場所とYOWのボードが同じ名前かもしれません。もちろんボードを選ぶときはスペックもとても大事なんですが名前の意味やグラフィックなど自分の気持ちが高められるボードを選ぶことも一つの決めだと思います。そんなボードに出会えたあなたは”あなた自身の波”を生み出し続けることができると思います!

お問い合わせはお電話や各SNSのメッセージから承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

Facebook
https://www.facebook.com/CRASSSAPPORO
Twitter
https://twitter.com/CRASS_sapporo
instagram
https://www.instagram.com/crass_sapporo/

品揃えがバッチリな通販はこちら↓メジャーブランドからコアなブランドまで取り揃えています↓
https://crass.theshop.jp/

スタッフ:鳥羽 春輝 2022/5/11

21-22シーズンパークディガー募集中

21-22シーズンのパークディガーを募集しています。

スノーボードが滑れれば未経験者でも大歓迎です!

■採用時期 積雪状況により
■雇用形態 正社員、契約社員、パート、アルバイト
■勤務地  北海道内スキー場など
■勤務時間 0:00~24:00  ※勤務日数、勤務時間応相談
■業務内容 スキー場業務全般
■給 与  面接時に決定します
■待 遇  アルバイト、パート、契約社員、正社員への登用あり、スタッフ割引、未経験者O.K.

■応募資格 高卒以上、普通自動車運転免許

ご興味のある方は下記までメールの上、履歴書を送付してください。
info@whiteout-design.com
ご応募お待ちしてます。

西田

今季Newモデル – NOW BINDINGS – 入荷!!!

今季から取り扱いがスタートしたNOW BINDINGSが先日入荷しました。メーカー在庫も11/5時点で完売。店頭にある分で終了とのこと。今シーズンはコロナの影響なのか各メーカーのハードギアが完売続出、なかなか希望の商品が手に入らないシーズンとなりそう。
原油か価格の高騰、為替変動による円安、運賃の上昇…色々とスノーボード業界にも影響しそうです。

そんな話をしていても始まらないので、これから始まるシーズンに向けてギア探しをしている皆様にナウビンディングのご紹介をします。

快適なスノーボードをする上で、ボード、ビンディング、ブーツ選びはかなりの重要度をしめていると思います。

今回ご紹介するNOW BINDINGS(ナウビンディング)は特にフリーライディングに必要な機能が装備されています。

まず、NOWといえばSKATETECHではないでしょうか?
スケートボードのようにブッシングと呼ばれるブッシュゴムがあり、キングピン、ハンガーなどスケートボードのトラックのような名称が各パーツにつけられています。

SKATETECHによる効果は

・筋肉疲労の軽減
・ボードのバタ付き軽減
・ボードコントロール性能のアップ
・多彩なセッティングが可能

HANGER2.0からヒールカップの幅が5mm広がり今までフィットしなかったブーツにもしっかりとフィットするようになりました。
今までヒールカップが合わなかった人には嬉しいアップデートですね。

まだギアで悩んで知る方はぜひ一度CRASSまでお越しいただいていろいろなバインを見比べてみてください。
皆様が滑っている場所、どんなスノーボードをしているかによって様々な提案をさせていただきたいと思っています。

西田でした✌️

Facebook
https://www.facebook.com/CRASSSAPPORO
Twitter
https://twitter.com/CRASS_sapporo
instagram
https://www.instagram.com/crass_sapporo/

品揃えがバッチリな通販はこちら↓メジャーブランドからコアなブランドまで取り揃えています↓
https://crass.theshop.jp/

西田のFacebook
https://www.facebook.com/masaharu.nishida.1/
Twitter
https://twitter.com/nishidamasaharu
instagram
https://www.instagram.com/nishida_masaharu/

 

小さなお子様でも安心のスケートボードレッスンはじまります。

スターティングスケートボード 幼児の部
11/10、17、24
水曜日
15:30~16:20
料金:2,000円(スケートボードレンタル無料)

通常のスターティングスケートボードだと体力的にも、集中力的にもちょっと長いなという子供たちのレッスンクラス。スターティングスケート同様、プッシュやパンピングなどの基本を中心にレッスンします。
スケートボードを試しにやってみたいな~という方にもおすすめのレッスンプランです!まずは週一回の習い事にいかがでしょうか?

毎週金曜日のレッスンも大好評継続中ですのでそちらもよろしくお願い致します!

レッスンの情報はこちらから👇

http://crass-1.com/skate_lesson.html

ご予約はお電話や各SNSのメッセージから承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

Facebook
https://www.facebook.com/CRASSSAPPORO
Twitter
https://twitter.com/CRASS_sapporo
instagram
https://www.instagram.com/crass_sapporo/

品揃えがバッチリな通販はこちら↓メジャーブランドからコアなブランドまで取り揃えています↓
https://crass.theshop.jp/

 

 

西田

MILES GIRIPTAPE 入荷!

スケートボードで強烈なトリックをかますのに絶対必要なグリップテープ。グラフィックにこだわる人もいますが男は黙ってベタ張りだ!と真っ黒な表面にこだわりを持つ玄人の皆さんも多いはず。
そんなグリップテープから久しぶりに新しいブランドが登場

その名も

MILES GRIPTAPE

https://milesgriptape.com/

特殊な配合でグリップ力が長くもつ、プレミアムなグリップテープはライダーからも高評価です。

プラスチックのデッキテープカッターがついているのも嬉しいですね!

ライダーもプレミアムなメンバーが揃ってます!


まずは店頭にてチェック!
ネットショップにはこれからアップするので随時チェックしてくださいね。

Thank You!!

これからスケートボードを始めたいキッズスケーターのためのスクール

東京オリンピックでの日本人スケーターの活躍により現在スケートボードが流行にしており、スケートボードを はじめてみたいキッズや興味を持った親御様もいるのではないでしょうか?スケートボードはもちろん楽しい”遊び”なのですが危険も伴いますので、はじめたいけど「教えてくれる人がいないと不安」や「持っているけど技のやり方がわからない」などと思っている方は少なくはないと思います。

スターティングスケートとは?

現在CRASSでは”スターティングスケート”という初心者向けのレッスンを行なっております。

”スターティングスケート”ではスケートボードの足の乗せ方やプッシュ(漕ぎ方)、チックタックからランプ(お椀型のセクション)を使ったパンピング、ドロップイン、インターフェイキーなどスケートボードの基礎となる技術を中心としたレッスン内容となっております。

現在は2時間練習する部と1時間練習する幼児の部を設けております。

レッスン中はお手洗いや給水はお子さんのタイミングで行ってもらっています。なのでレッスンだからと言って堅苦しいイメージを持たれている方もいますが小さいお子さんも気軽にご参加できます。また、コロナ禍ということで世間的にはマスクの着用を進めていますが、スケートボードは見かけによらずハードなので親御様の判断により外してもらってます。

最後に

スケートボードは現在はオリンピックの影響もありスポーツとして捉えられることもありますが本来はカルチャー的な要素が強く僕自身は真剣滑ることもありますがさまざまな事も含めて”最高な遊び”として捉えてます。なのでレッスン中でもしっかり技術を教えることもありますが、休憩中の遊びや導入の中から上達につながるスキルやヒントになることもレクチャーしております。またスケートボード通して新しい友達ができたりコーチやスタッフ、大人とのとのコミュニケーションを通して”挨拶”や”ルール”など様々なことを学ぶことができることがスケートボードの魅力です。この魅力を子どもたちだけでなく親御様も感じていただければ幸いです。

そのほかのレッスンの情報はこちらから👇

http://crass-1.com/skate_lesson.html

ご予約はお電話や各SNSのメッセージから承っております。

スタッフ:鳥羽 春輝  2021/11/2

キッズ向け スノーボードの選び方①!


スノーボードはジャンプをしたりしてカッコよく楽しいですが、
その反面ケガをしやすいスポーツでもあります。

最近お子様でスノーボードアイテムのサイズが合ってない方が大変多く見受けられます。

サイズの合ってないスノーボードのを使用すると操作が難しくなり、ケガの原因や技術成長の妨げになります。

また子供向けのスノーボード情報は調べてもなかなか情報がつかみにくく、何を基準にスノーボードアイテムを購入していいのかわからないと悩む声を聞きます。

今回はお子様向けのスノーボード選び方についてお伝えさせていただきます。

スノーボードの選び方 ボード編



①長さ

ボードを選ぶ一番重要なのは長さ。
目安は目の高さから、顎くらいまでの身長マイナス10~20cmくらいのものがおすすめ。
それよりも短いものはボードの安定感が悪く転びやすくなり、逆に長いと板が重くコントロールが難しくなります。

成長期のお子様は身長がすぐ伸びる為、
ジャストサイズよりもかなり長めのものを選ばれる方が多いですができるだけ身長に合わせたものを選んであげてください。

②フレックス
これからスノーボードを始められる方は板をねじりやすくコントロールがしやすい柔らかいボードをお勧めします。
ハイスピードのでの滑走には向いていないですが、
初心者の方は比較的ゆっくりなスピードで滑走されるので問題ありません。

硬い板のメリットはハイスピードのでの滑走やデコボコした荒れた斜面で安定して滑ることができます。
ですがボードコントロールができないうちに硬いボートに乗るのは技術成長の妨げになってしまいます。

➂交換時期
体格にあわせて毎年購入されるのがおすすめですが、
2シーズンを目安でご購入されても大丈夫です。
3シーズンとなるとボードの劣化や体格に合わなくなってくるのでさすがに厳しいです。

当店取り扱いのキッズボード


当店取り扱いのキッズボードについてご紹介します。
それぞれに特徴があるので目的に合わせてご覧ください。

①ROME SDS  / MINISHRED


↑↑詳細は画像をクリック

フレックスが柔らかめで初心者向けのボード。
ノーズとテールには「ダイヤモンド3D」形状が搭載され、
雪面に引っかかりにくい構造になってます。
なので初心者によくありがちな転倒原因の一つ、
逆エッジ(エッジが雪面に引っかかり吹っ飛ばされる、転ぶ)を軽減してくれます。

②ROME SDS  / SLAPSTICK

↑↑詳細は画像をクリック

先程ご紹介したボードよりもフレックスがしっかりしてますがのコントロールしやすくどんなシチュエーションでも対応できます。
同じく「ダイヤモンド3D」形状を搭載しケガのリスクを軽減。
ターンができるようになったら次はこのボードで
ジャンプに挑戦!

➂SLASH / SPLASH

↑↑詳細は画像をクリック

パウダーに対応したフィッシュテールとアートなデザインとキッズボードっぽくない大人びたボード。
フレックスは柔らかくコントロールしやすいです。

④CAPITA MICRO MINI

↑↑詳細は画像をクリック

ソフトフレックスでリバースキャンバーと初心者におススメのボード。
リバースキャンバーのおかげで雪面に引っかかりにくい構造となってます。

⑤CAPITA  / SCOTT STEVENS MINI

↑↑詳細は画像をクリック

クリエイティブな滑りで人々を魅了するスコット・スティーブンスのキッズモデル。
先程紹介したボードと基本構造は同じで低速でも雪面が引っ掛かりにくく柔らなフレックスはジャンプやボックスにおススメです!

まとめ


今回は詳しいスノーボードの構造説明については割愛させていただきました。
ですが板の形状(細め、太め、ツイン、ディレクショナルなど)、種類(キャンバー、ロッカーなど)、ソールの種類など多種多様な板があります。
できるだけ目で見てご相談されながら決めるのが、無駄にならない、余計な買い替えをなくす方法だと思います。

ご来店いただいた際は当店スタッフへお声がけください。

初心者から上級者までおすすめの”ブランクデッキ”

初心者から上級者までおすすめの
“ブランクデッキ”


スケートボードは消耗品で特にデッキはもっとも消耗が激しいです。
消耗しているデッキを使い続けると自身の成長の妨げになる為、
定期的に買い替えが必要になります。

でもデッキは通常プロモデルだと1万円前後とお金が…

そこでおすすめなのがブランクデッキ!
ブランクデッキとはデッキにデザインがされていない無地のデッキで、
これから始める初心者や、上級者までどのレベルでも満足いただけます。

▼ブランクデッキの特徴


①低価格
通常のプロモデルにくらべ値段が非常に安く半額以下で購入できるモデルもあります。
値段が安い理由はデッキのデザイン料、印刷代がかかっていない為コストを抑えることができます。

②高品質
デザイン料がかかっていないだけでデッキはプロモデルを作っている工場や機械を
使用して作成されている為、品質は高いものになります。
なので上級者にも満足いただけるクオリティーとなっています。

③オリジナルのデザインが楽しめる
絵を書いたりステッカーを貼ったりと、
自分の思いどおりにデッキをカスタムできます。

ブランクデッキはコストパフォーマンスが高いですがデザインが入ってない為、
「どれを買えば良いのかわからない」と選ぶ基準が
少し難しいかもしれませんので選ぶポイントをご紹介します。

▼デッキの選び方


①素材
デッキは”カナディアンメイプル”という北アメリカ、カナダ原産の素材が
一番使用されており、品質が良く丈夫で弾きが強いのが特徴です。
スケートボードデッキに適した安心できる素材なのでまずは素材をチェックしてみてください。

②コンケーブ

デッキはまっすぐに平らな形状ではなく湾曲しておりこの部分を”コンケーブ”といいます。
この湾曲が強いとグリップが強く足から板が離れにくくなり、板の操作性が高くなります。
トリックに関しは回転系(180など)がやり易くなります。
逆に弱めだと乗り心地に安定感があり、板を踏む足の位置を変えるのが容易です。
トリックに関しは抜き系(フリップなど)がやり易くなります。
初心者の方はコンケーブが弱めのものがおすすめといわれています。

③キック

デッキのノーズ(前方)とテール(後方)にある反り返りをキックといいます。
キックのそりが強いとキック先端から地面まで距離がある為オーリー等トリックに高さがでやすくなり、
そりが弱いとキック先端から地面まで距離が短い為少ない力で板を弾くことができるので、
オーリー等トリックがしやすい傾向にあります。
初心者の方はキックが弱めのものがおすすめといわれています。

当店では現在3種類ブランクデッキを取り扱っているのでご紹介いたします。

▼ブランド


①SILVER FOX

↑商品の詳細、購入は画像をクリック

品質がよく、丈夫ではじきが強いカナディアンメイプルを素材として使用。
コンケーブ、キックともに緩めに設定されてます。
中国の工場で作られており値段は一番安い価格となってます。

②GOOD WOOD

↑商品の詳細、購入は画像をクリック

品質がよく、丈夫ではじきが強いカナディアンメイプルを素材として使用。
デッキを作成する際COLD PRESS 製法を採用し
熱を加えて短時間でプレスするHOT PRESSよりもねじれ、たわみが少なく、
熱処理によるベニアの乾きが無いので新鮮なままデッキが完成するので強度があります。
PRIME WOOD(90年代 WORLD INDUSTRIES 全盛期の工場) の機械をGOODWOODが買取りデッキを作成。
コンケーブ、キックはややきつめに設定されています。
当店ではサイズを豊富に取り揃えております。

③PRIME

↑商品の詳細、購入は画像をクリック

品質がよく、丈夫ではじきが強いカナディアンメイプルを素材として使用。
アメリカの老舗工場PRIME WOODでCOLD PRESS製法を採用し作成されている。
SILVER FOX、GOOD WOODと比べるとコンケーブ、キックともに中間くらいの設定です。
こちらはデッキがカラーリングがされています。

▼まとめ


今回はブランクデッキの紹介でしたが通常のプロモデルは
デザインが豊富で性能もブランクのものより良い
特徴のあるものが沢山ありますので、
色々なデッキに乗り自分好みのものを見つけてください!

スケートボードのアレとか、スノーボードのこれとか、みんなの知りたい情報がここにあります。