スケートボードで必要な道具

スケートする上で、あると便利な物

●スケートボード用の工具(ツール)

ビスやアクセルナットなど、トラックまわりの調整が出来るツール。
スケートショップなどに売っており、一つあればドライバーやレンチなどを持ち歩く必要がありません。
出かける前にチェックしても滑り出すとどんなトラブルが起きるか分かりませんし、常に持っておいて損は無いものです。
家でもデッキを付け替える時などに重宝します。
価格は大体1000~3000円で、高級なものはネジ切りやヤスリといった機能もついていたりします。

14054955_1788128798134883_3710623034233957687_n

●ワックス

縁石やベンチに塗りこむ固形のワックス。
これを塗りこむ事によって、スムーズなカーブトリックが可能となります。(新しいカーブではワックスを使用しないと余程のベテランで無い限り扱えません)
ロウソクや石鹸でも代用は可能ですが、スケートボード専用ワックスの方が滑りは良いです。
有名スポットには既にワックスが塗りこまれている事が多いですが、たまに滑りが悪くなる事もあるのでカーブトリックが好きな人は常備しておいた方が良いと思います。
価格は大体500円前後です。
性能に関してはどれも似たり寄ったりなのでデザインや価格で選べば良いと思いますが、どれを選んで良いのか迷う人はNINJAのワックスがおすすめです。
スティック糊の様な形状ですので塗る時に手を汚しませんし保管も楽。ワックスの硬さも選べるので季節やカーブにあわせたチョイスもできます。

14088639_1788128794801550_8602530724775264360_n

●シューグー

スケートボードをやっているとスケートシューズが段々と痛んできます。
そういう時の修理に役立つのがシューグー。
乾燥するとゴムの様になるので、磨り減ったソールなどに塗るとシューズが蘇ります。
基本はソールに使用するのですが、スケーターはオーリーなどで擦る部分(つま先や小指辺り)にシューグーを塗る事が多いです。
耐久性がアップしますし、デッキの食いつきも問題ありません。

14064189_1788128651468231_4944400494654613536_n

●インソール

インソールとは靴の中に入れる中敷きの事です。
スケートシューズであれば、普通のスニーカーよりも衝撃吸収に優れたインソールが元々入っていますが、スケートボードのインソール専門のブランドもあり、それらのインソールを使用する事でより快適に滑る事ができる様になります。
代表的なブランドとしては、フットプリントやスーパーフィートがあります。
衝撃吸収について抜群の性能を誇ります。
メーカーによると大体95%で卵を落としても割れないとか。
値段はピンキリで高いものは使用する前にレンジで暖めたりと本格的です
一流のプロスケーターをサポートしており、衝撃吸収という面だけでなく滑りに支障の無い様に作られています。

衝撃からくる身体的なダメージは蓄積します。
30代以上のベテランスケーターのほとんどは膝や腰に悩みを持っていますし、そうなる前に、できれば若いうちから装着した方が良いと思います。

14055205_1788128654801564_5087842708089778504_n

————————————
C R A S S Action Sports House
〒065-0010
北海道札幌市東区北10条東17丁目1-6
tel:011-311-3492
mail:info@crass-1.com
web:http://crass-1.com/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/crass/
#トランポリン #スケートボード #ボルダリング #スラックライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です