タグ別アーカイブ: sapporo

【Free Style Academy説明会 11/5(土)開催!!】

2016-17シーズンよりCRASSを運営する我々White Out Design
新プロジェクトが始動します!!

その名も・・・

Free Style Academy』

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

夢はでっかく!!!

『X-GAMES・オリンピックで一番になりたい!!!』
『ムービースターになってムーブメントを起こしたい!』
といった将来的に世界で闘いたいライダー育成の場になります。

本Academyの特徴として、“テクニック向上”だけではなく“知識”
同時に学びこの先長いスノー人生の《核》になるものを育てていきたいと考えております。

知識の部分では、雪山の知識(雪質・雪崩・危険回避など)を主にレクチャーさせて頂きます。自然の怖さや、雪があってのスキー・スノーボードが出来るという事をしっかり理解してもらいたいと思います。それと共に自然の素晴らしさも感じてもらいたいと思います。

そして、もう一つはメンテナンスレクチャーもカリキュラムに組み込んでおります。『道具を大切にする』という事をメンテナンスという形で伝えていこうと考えております。
メンテナンス方法を学ぶ事により自らが道具を管理し、道具の異常を発見したりなど自発的な部分を養って頂きます。

ザックリですが、このような内容をご提供致します。

そんな“Free Style Academy”の詳細をお伝えするべく説明会を開催致します!!!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

是非、興味のある方はご参加ください!!

▼CRASS営業時間▼
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
WEB:http://crass-1.com
TEL:011-311-3492

LINE友達募集中!
耳寄りな情報が情報がさりげなく届きます
追加:https://line.me/ti/p/%40xas9847f

【Henrik Harlautという男】

“Henrik Harlaut”という男をご存知だろうか。

北欧スウェーデン出身のプロフリースタイルスキーヤー。
数年前にARMADA SKISへ移籍し、現在は自身のシグネーチャーモデルが出るほど。人気・実力共に世界トップクラスのライダー。
これまで数々のビッグタイトル獲ってきた彼は、他とは何かが違う・・・一体何が違うのか。今日はそんなHenrik Harlautという男を紹介します。

『世界に激震を走らせた“Henrik aka E-Dollo”』

 

as_ski_portrait_vert
近年、オリンピック正式競技にもなったスロープスタイルやハーフパイプ。トリックの難易度も格段に上がりその成長はこれからも止まる事はないだろう。だが、その反面スタイルの部分が薄くなりつつあるのも現状。そこに一石を投じたのがこの男Henrikだ。
彼の滑りは常に“ハイレベルトリック&ハイセンススタイル”

まずは、2013年に行われたX-GAMES ASPEN“BIG AIR”の映像を
ご覧下さい。ハイレベルトリックにハイセンススタイルが合わさった史上初トリックの瞬間。マジで鳥肌もんです。。。

この時、必死にHenrikに声をかえているのはスキー界のスーパーレジェンド“Tanner Hall” 若手ライダーのモチベーションとここぞのタイミングでしっかりサポートするARMADA SKISの創設者。

どんな事をTannerはHenrikに言っているか簡単に説明すると・・
(以下 Henrik:H / Tanner:T)

T:『次何やるんだ?他のライダーはSWトリプルも出てる。勝つにはアレしかない!ノーズバタートリプルやってみろよ!イメージできるか?』

H:『う〜ん。出来るかわからないけど、イメージは出来る!』

T:『ここでお前の力を見せてやれ!そして、歴史に名を残すんだ!お前しか出来ない事をやって今日歴史を変えるんだ!!』

この時点でHenrikは4位。優勝するにはやった事のない新しいトリックをメイクするのが必須条件となった。
やった事のないビッグトリックをX-GAMESという大舞台でやらなければいけない状況にスタートゲートにいる仲間達や他のライダーも大注目だった。そんな中、彼は見事その大技をメイクし優勝を飾った。衝撃的な出来事であり、まさに歴史を変えた瞬間。

ただ、ダブル・トリプルが出来るだけでは評価されない世界。
スタイルが付いて初めてトリックとして大きな進化を遂げる。
Henrikは誰もなし得なかった領域へと突入していった。

他にもこんな事やっちゃうんです!!!

これは彼の仲間のスノーボーダーとお互いに板を交換して滑った面白くてスゴイ映像!やっぱり“感覚“なんだなと強く思わされたお気に入り映像です!!

いかがだったでしょうか!?笑
スキーヤーがスノーボードを履いてダブルトリックもやる。
スノーボーダーもスキーを履いてダブルバックフリップ・・・笑

スキーヤーもスノーボーダーも結局同じって事ですね!!

そして、そんな感覚ビンビンのHenrikはSKATEも上手い!!
こちらをご覧ください!!!

何でもできちゃうんですね〜〜笑
ダイナミックな動きの中にも細かなスタイルが垣間見れる彼のスタイルはスキー界のみならず、音楽業界にもその存在を知らしめている。あの有名HipHopアーティスト“Wu-Tang”からも絶大な評価をされ今やイベントなどでもコラボレーションするなど他分野
からの人望も厚い。

 

今回の内容で一番伝えたい事。それは・・・

『スタイルだしてなんぼ!!!』という事。

ビッグトリックを持っていなくてもスタイルでねじ伏せる事が可能なフリースタイルの世界。ビッグトリックとハイセンススタイルが合わされば更に上に行ける。これから世界を目指すキッズ達はもちろん、今壁にブチ当たっている若きライダー達にはこれを強く言いたい。『自分のスタイルは何なのか・・・。』

Henrikのすごいところは自分のスタイルを誰よりも強く考え行動してる事。それが評価に繋がると知っているから。

シーズンインまで約2ヶ月弱。シーズン通して自分を見失わずに滑りきる事がこれからの力になります。スタイルをものにするのはそう簡単ではありません。が!やれば出来るのです!!!

CRASSは自分のスタイルを見極める一つのツールとして皆様の一部になれればと思っております。CRASSから世界へ勝負出来る人材が1日も早く出る事を楽しみにしています!!!

そして、頑張る人を全力で応援します!!!

 

Yohei

 

スケートボード ベアリングの選び方【初心者のためのスケートボード】

ベアリングの知識と選び方

●ベアリングとは

13939451_1782000392081057_2239044673189747276_n

スケートボードのスピードを左右する重要なパーツ

1つのウィールに対して2つ、計8つのベアリングを装着します。
そのためベアリングは通常8つセットで販売されています。
ベアリング選び方に重要なのは、ABEC(エイベック)と呼ばれる規格と、信頼できるブランドを知っているということです。

●ベアリングの規格ABECとは

ABECは、ベアリングの回転のしやすさを決める規格です。

スケートボードで使われているベアリングは通常、3、5、7の3種類で、まれに1と9もあります。

数字が大きいほどスピードがつきやすいです。

数字が大きいほど値段も高くなっていきます。

●ベアリングブランド

スケートボード専用ベアリングとして販売されている物の中には、オーリーの衝撃に耐え切れず壊れてしまう安価で粗悪なものも数多く存在します。

ベアリングで最も有名なブランドはBONES

13895018_1782000418747721_8556145657515401091_n

業界で最高品質のベアリングカンパニー

質と値段が両方高く、信頼のおけるブランドというイメージです。

セラミックやスイス、レッドなど、値段に応じてクラス分けされたベアリングが販売され、これらを選べば間違いはないでしょう。

他にもNiNjAや、miniLOGO、independentも有名です。

クラスでオススメしているのは、Nibansenji。

13920656_1782000472081049_5621139922697072850_n

通称NSBと呼ばれ、低価格ながらボーンズスイス並に走るとゆう噂の、優秀なベアリングです。

●ベアリングのタイプ

ベアリングは内部の回転性を持続するために使われているオイルの種類によって、グリスタイプとオイルタイプがあります。

グリスタイプは半永久的に持続するグリスオイルを使用しているためメンテナンス不要で、外部からの衝撃によって壊れるまで一定の性能を持続します。

オイルタイプは定期的に専用のオイルを注入しメンテナンスをしないとかいてんが遅くなり壊れることがありますが、ちゃんとメンテナンスすればグリスタイプよりもスムーズに回転します。

●メンテナンス

オイルベアリングは使っているうちに内部のオイルが切れ、乾いた音がして徐々にスピードが落ちやすくなります。この状態を無視したまま滑っていると、中身が壊れて全く進まなくなったり、バラバラになった部品が飛び出してきます。これを防ぐために、別売りのオイルを定期的にさしてやるようにすると長持ちします。

ここで注意したいのが、ホームセンターに売っている工業用のものではなく、スケートボード専用のオイルを使用することです。

ベアリングのシールドの間にマイナスドライバーなどを差し込んで外し、内側に少量さすようにしましょう。

シールドが外しにくい場合は、シールドの隙間からさしても構いません。メンテナンスの際に綿棒などで内部のゴミを掃除してやると更に良いでしょう。

————————————

C R A S S Action Sports House

〒065-0010

北海道札幌市東区北10条東17丁目1-6

tel:011-311-3492

mail:info@crass-1.com

web:http://crass-1.com/

http://store.shopping.yahoo.co.jp/crass/

SPITFIREのウィール80HDとは?

最近CRASSでブログはじめました!
やばい、最近SNSにはプライベートなことはあまり載せないようにしていたのに…

あ、こんにちは西田です!!!

プライベートなことは書いたり書かなかったりですが細く長くやっていこうかと思ってます。
え〜、いきなりですがタイトルどうりSPITFIRE80HDについて書いてみようかと思うのですがイメージわかないと思うので動画をまず見てください。
短いので3本あげておきます。



これソフトウィールなんです。

1、外を気持ち良く滑りたい。
▶︎ウィールが柔らかいのでスィ〜スィ〜です。
2、近所で練習したいけどウィールの音が…
▶︎ウィールが柔らかいのでスィ〜スィ〜です。
3、オーリーしたい、クルージングしたい!
▶︎ウィールが柔らかいのでスィ〜スィ〜です。
悪路も滑れて、トリックもできる

まさにハイブリッドボードなんです!!!

 

個人的オススメは54mm前後のサイズで普段乗ってる感じで組むとかなり気持ちいいです^^
そんなウィールをお探しの方は
↓↓↓↓↓↓↓↓

コチラ!!!

ネットで買うのはちょっとって方はお店に来てください。
もう少し詳しく説明しますよ^^

西田

 

Morning Skate Gather -PUSH- 2016第二回

毎月一回行っている-PUSH-が本日2016.8.14に開催されました!

天気も非常に良くナイスコンディションで楽しめましたね!

今回はチクタクが少しできるくらいでプッシュはまだ慣れていな方とプッシュはある程度慣れているのでオーリーを覚えたい方、2つのレベルに分けてレクチャーさせてもらいました!

皆さんにも参考になる様に今回気になったポイントをご紹介します!

 

-基本ポジションでかかと重心は×

スケートボードに関わらずそうだと思いますが人はかかとで踏ん張ることができません。
ある程度の負荷がかかると一気に後ろに倒れてしまいます。
なのでややつま先よりの方がバランスを崩しても立て直すことが可能です。
この時デッキがフラットな状態で乗り続けていられる場所を見つけるといろんなトリックが安定します。
デッキが傾いているとトリックをした時に思わぬ回転が加わって足元から離れてしまいます。

 

意識してうまく自分のものにすると必ずうまくなっていきますよ!
もちろん日々の練習は必要です!その練習方法として学んでいってもらえると嬉しいですね!

写真 2016-08-14 13 18 12 写真 2016-08-14 11 49 44 写真 2016-08-14 11 50 08 写真 2016-08-14 11 51 09 写真 2016-08-14 11 52 39

次回は9/19(月)敬老の日です

-PUSH-はスケートボードを始めたい方を応援するイベントです!
まだ道具を持っていない人もレンタル料込みで参加いただけます!

イベント詳細はこちら
http://crass-1.com/event_PUSH.html

スケートボード ウィールの選び方(硬さ・幅編)【初心者のためのスケートボード】

ウィールの選び方【硬さ・幅】
●ウィールって?
スケートボードの車輪(タイヤ)部分です。
乗り心地やトリックのやり易さなどに影響する大事なパーツです。
ウィールには様々な種類、大きさ、硬さがありますので、自分のスケートスタイルに合ったものを選びましょう。
今回は硬さと幅について説明いたします!!
●硬さ
ウィールの硬さは様々で、100aや99duなど、色々な表記がありますが、
数字の後ろについているアルファベットは、実はブランドごとに設けている規格です。
101は硬め、99が標準的な硬さとなっており、それ以下は柔らかめでグリップが強くなります。
数値が80以下のものは、トリック用には不向きでクルージング用に使われます。
硬さが柔らかければなるほど、衝撃を吸収するので、荒い路面でもスムーズに乗ることができます。
●幅
ウィールの幅もブランドやシリーズ、モデルによって様々です。
【幅が広いウィール】
接地面積が広いとゆうことで、しっかりとグリップしてくれ、安定した滑りができます。
【幅が狭いウィール】
ウィール自体の大きさが小さくなるので重量が軽くなり、回し系のトリックがやりやすくなります。
接地面が少ないので、パワースライド系のトリックでも、スムーズに擦ることができ、取っかかりにくくなります。
CRASSでは
SPITFIRE【スピットファイヤー】
BONES【ボーンズ】
OJ wheels【オージェイ ウィール】等々、、
他にもカラー、種類豊富に取り揃えおります!
分からないことがあれば気軽にスタッフまでお尋ねください(^o^)

ウィールが気になった方はこちら

〜CRASS営業時間〜
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
WEB:http://crass-1.com
TEL:011-311-3492
LINE友達追加:https://line.me/ti/p/%40xas9847f

13707527_1774675019480261_320887869489721717_n

13770257_1774675009480262_8193535973059563862_n

13775999_1774674999480263_4256317389463508828_n

スケートボード ウィールの選び方(大きさ)【初心者のためのスケートボード】

ウィールの選び方【大きさ】

●ウィールって?
スケートボードの車輪(タイヤ)部分です。
乗り心地やトリックのやり易さなどに影響する大事なパーツです。
ウィールには様々な種類、大きさ、硬さがありますので、自分のスケートスタイルに合ったものを選びましょう。

今回は大きさ(直径)について説明いたします!!

【50〜52mm】
回し系のトリック向け
小さめで軽い
スケートボードが扱いやすい
トラックはHIでもLOWでもOK。

【53〜55mm】
スピードを活かしたダイナミックな滑り
ウィールの直径が大きいのでスピードが出しやすい
ランプやボウルにオススメ
荒いアスファルトでも力強いプッシュができる
トラックはHIをオススメします。
LOWだとウィールが大きいためバイト(ウィールとデッキが接触して、急ブレーキがかかる)してしまい危険です。

【55mm〜】
街乗りクルーザー向き
55mm以上のウィールを付ける場合にはウィールがバイトしないように、ライザーパッドを入れたり、車高の高いクルーザー用のトラックを使用します。
直径が大きいので加速がスムーズです。

CRASSでは
SPITFIRE【スピットファイヤー】
BONES【ボーンズ】
OJ wheels【オージェイ ウィール】等々、、

他にもカラー、種類豊富に取り揃えおります!

分からないことがあれば気軽にスタッフまでお尋ねください(^o^)

オンラインストアでも販売しておりますので気になったら是非見てみてください♪( ´θ`)ノ

13697110_1774669896147440_2601967751523213836_n 13775380_1774670039480759_2933072065105872725_n

〜CRASS営業時間〜
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
WEB:http://crass-1.com
TEL:011-311-3492
LINE友達追加:https://line.me/ti/p/%40xas9847f

スケートボード トラックの選び方 【初心者のためのスケートボード】

トラックの選び方

●ブランドによっての違い

3大トラックと言われているのが、【インディペンデント】【サンダー】【ベンチャー】です。

【インディペンデント】
通称『インディ』スケーターなら誰もが知っている有名なトラックの老舗。
最も可動域が広く、クイックな動きを好むスケーターは多いです。
車高も高めで、アールでも安定したターンが出来ます。

【サンダー】
3つのブランドの中で最も軽量です。
車高も低めです。
インディのHiとLowの中間がサンダーのHiくらいです。
クセもなく、軽いのでガールズやキッズにも扱いやすいです。

【ベンチャー】
可動性が硬く、安定感があります。
スピードを出しても、ぐらつきにくい。
フラットトリック向き。
ストリートスケーターに人気です。

この3つのうちのどれかを使っていればとりあえず間違いはないでしょう。

●トラックのサイズ

トラックにももちろんサイズがあります。
デッキのサイズに合ったものを選び、
適当に買うのは絶対やめましょう。

Hi
車高が高いので、大きめのウィールも装着可能。
オーリーの高さが出しやすい。
可動域が広く、クイックな動きができます。

Low
車高が低いので、53mm以下のウィールがオススメ。
低くて安定感があり、弱い力でもテールを叩けます。
地面のと距離が短い分オーリーも少し低くなります。

●トラックの重さ

トラックの重さはトリックをする上で、かなり重要です。

軽いほど、少ない力でオーリーなどのトリックが可能になります。

キングピンやシャフト部分が空洞化されていたり、ベースプレートが薄型になっているモデルもあります。

軽ければ軽いほど値段も高くなります。

上級者になると重めのトラックの方が安定感があり調子がいいとゆう方もいます。

CRASSでは、主にサンダー、インディ取り扱いしております。
チタニウム、ホローライト、フォージド、ライト、スタンダード。
ほぼ全てのモデル在庫ありますので手にとってみたり、測りで重さを比べてみてください(^o^)

オンラインストアでも取り扱っていますので気になった方は是非見てみてください♪( ´θ`)ノ

Trucks 13620361_1769671416647288_5637054041947841567_n 13680808_1769671443313952_633182529534187620_n

 

〜CRASS営業時間〜
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
TEL:011-311-3492
 
 

LINE友達募集中!

耳寄りな情報が情報がさりげなく届きます