タグ別アーカイブ: レッスン

2017年5月7日 チャレンジ検定

西田です。
冬も終わって久しぶりに投稿…すいません^^;

今日はチャレンジ検定
基礎からじっくり、確実にをコンセプトに去年からスタートしました。

IMG_1977
小学校1年生から6年生までみんなで練習しています。

検定に合格するとネックレスが出来上がっていきます。
IMG_1974

8級 プッシュ&パンピング
7級 ドロップイン
6級 インターフェイキー→テールロック(2往復)
キャブロック、ロックンロール
5級 ストール→インターフェイキー→テールロック→ストール
5-0、フィーブル
という感じで級が上がると難易度が上がっていきます。
しかもただできればいいというわけではなく、

自分でコントロールできるレベル

にならないと合格できません。
基本のトリックがしっかりできていないのに難しい技をやるとなんだかかっこ悪い滑りになるし、上達も遅くなってしまいます。
なので基本をしっかり。
インターフェイキー、ストールは特にしっかりやります。
↑↑↑↑結構できてない人多いです。

遠回りのようで実はこれが近道なんです。

これから、スケートボードはじめたい人、レッスンなどに興味がある方は一度参加してみてください^^

チャレンジ検定 2016年10月16日

今朝は最高の秋晴のなか、チャレンジ検定を開催。
元気とやる気満々のキッズたちにこっちもエネルギーをもらい検定&レッスンスタート

いつも思うけど子供の成長はとても早い。
教えた技をあっという間に自分のものにしてしまう吸収力は本当に羨ましいなぁと。

am9:30から検定に向けたレッスンスタート!!!img_0785
リンカちゃん&マヒロ
リンカちゃん 安定したジャンプで基本技を習得。
マヒロ 病み上がり久しぶりのトランポリンだけど安定感抜群。
img_0787
セナ 小さいけどスタイル抜群!最近メキメキ上達中。
img_0788
トム 今日の検定で一番光っていたトム。本番に強い!img_0789
ヒカリちゃん スケート始めた時から見てるけど本当にうまくなってる!
img_0791
サアナちゃん パワフルな滑りは男子顔負け!

そして11:00までしっかり滑ったあとは…

検定本番です!!!

みんなこの時に向けて練習に励んできました!

 
そして結果は…

 

 
img_0799
全員無事に合格してネクストステージへ!!!

おめでとう!

みんないい顔してます^^
マヒロは半目だけど…笑

次回の検定は11/6(日)

はじめての初めての方の参加も、
もっと、もっと先に行きたい方も、
しばらく検定を受けていない方もそろそろお待ちしてま〜す^^

 

そして、
検定の級を進めているみなさんへ。
8級、7級を合格してくるといよいよインターフェイキー、テールロック、ストールなどランプをやり始めておそらく最初の壁がやってきます。
いろんな子を見てきましたが早い子は数日でできるようになりますが、1ヶ月、2ヶ月かかる子もいます。
どうしても早く合格したくてそればっかり練習しちゃうんですが、やっぱり一番大切なのはスケートボードを楽しむことだと思います。
楽しむことが一番大事なはずなのに気付いたら検定を進めることが目的になってしまっている場合があります。
こうなってしまうと子供たちも気持ちが乗らず上達しなくなってしまう…なんてこともあるかもしれません。
レッスン中や検定の時などは僕たちも最大限楽しんでもらうため、上達してもらうためサポートしていきますがやっぱり一番近くで見ているお父さん、お母さんたちのサポートが欠かせないと思います。
上達=楽しい
スケートボード=楽しい
トランポリン=楽しい
この形ができるように今後もCRASSのチャレンジ検定をやっていこうと思いますのでよろしくお願いします。
なにかあればいつでもご相談ください。

長くなってしまいましたが最近ブログを更新していなかったということでお許しください。

今日は2年ぶりにキックフリップに乗れた西田でした。

 

【トランポリンでわかる!?ジブンのカラダ!】

さんはジブンのカラダを理解していますか?

今回のテーマ

『トランポリンでわかる!?ジブンのカラダ』

という事で、皆さんには運動が楽しくなる極意を少しでもお伝えできればと思います。

まず、トランポリンは道具いらずで自分のカラダがあればできる“ダイレクト型スポーツ”といったところでしょう。
同時に、様々な運動へ通ずるスポーツとも言えます。
何が通ずるポイントなのか・・・それは。
『力じゃなく、タイミング』という事です。
それをシンプルに感じる事が出来るツールがトランポリン!!

どんなスポーツも、力んでしまってはいいパフォーマンスは出来ません。そこを紐解く鍵はトランポリンにあるのです!!

トランポリンを上手く飛ぶ要素3ヶ条

Point1:常にリラックス状態をキープ!!
Point2:下に踏むのではなく、真っ直ぐ上に伸びる!!
Point3:力ではなく、タイミング!!

上記3ヶ条はトランポリンを飛ぶ上での必須項目となります。
この中のどれか1つでも欠けると安定して飛ぶ事が出来ません。
多くの方が、真っ直ぐ安定したジャンプが出来ないまま技の習得に移ってしまい大きな壁にブチ当たったり、時には怪我に繋がったりしてしまいます。何事も基礎は大切なのです。

『基礎の無い応用習得は時間のロス…』

といっても過言ではないでしょう。なぜなら、それは応用ではなくもがきと変わらないという事です。やみくもにやってもカラダは思ったように動いてくれません!!

その解決策はなんでしょうか!?!?

極意:『変幻自在の基礎能力習得!!』

が、大きなポイントとなります。ここが無く次のステップにいくのはリスクが高く時間のロスになる可能性がとても高いです。
最短で最高の上達を求めるのでれば、上記の極意を習得する事が不可欠になります。無駄なものを付けたままではなく、身軽な状態で次のステップを目指しましょう!!!

でも、そんな事言われてもどうしたらいいの?と思われる方へ!

CRASSではその極意をしっかり身につける事が出来るコンテンツがございます!!!要チェックですよ!

 

★Doサポ トランポリンレッスン★※事前予約可※

13346254_1694554890804730_6902165267311704199_o

日 程:毎週火曜日
時 間:18時00分〜20時00分
講 師:土岐 樹
参加費:¥2000-

★T-crew Trampoline Session★※事前予約可※

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

日 程:毎週金曜日
時 間:19時30分〜21時00分
講 師:T-crew
参加費:¥2000-

参加すればきっと『新しい感覚』がGETできますよ!!
是非、一度ご参加ください!!

自分のカラダを理解すると!一気に運動が楽しくなります!!

尚、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください!!!

▼CRASS営業時間▼
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
WEB:http://crass-1.com
TEL:011-311-3492

LINE友達募集中!
耳寄りな情報が情報がさりげなく届きます
追加:https://line.me/ti/p/%40xas9847f

スケートボード ベアリングの選び方【初心者のためのスケートボード】

ベアリングの知識と選び方

●ベアリングとは

13939451_1782000392081057_2239044673189747276_n

スケートボードのスピードを左右する重要なパーツ

1つのウィールに対して2つ、計8つのベアリングを装着します。
そのためベアリングは通常8つセットで販売されています。
ベアリング選び方に重要なのは、ABEC(エイベック)と呼ばれる規格と、信頼できるブランドを知っているということです。

●ベアリングの規格ABECとは

ABECは、ベアリングの回転のしやすさを決める規格です。

スケートボードで使われているベアリングは通常、3、5、7の3種類で、まれに1と9もあります。

数字が大きいほどスピードがつきやすいです。

数字が大きいほど値段も高くなっていきます。

●ベアリングブランド

スケートボード専用ベアリングとして販売されている物の中には、オーリーの衝撃に耐え切れず壊れてしまう安価で粗悪なものも数多く存在します。

ベアリングで最も有名なブランドはBONES

13895018_1782000418747721_8556145657515401091_n

業界で最高品質のベアリングカンパニー

質と値段が両方高く、信頼のおけるブランドというイメージです。

セラミックやスイス、レッドなど、値段に応じてクラス分けされたベアリングが販売され、これらを選べば間違いはないでしょう。

他にもNiNjAや、miniLOGO、independentも有名です。

クラスでオススメしているのは、Nibansenji。

13920656_1782000472081049_5621139922697072850_n

通称NSBと呼ばれ、低価格ながらボーンズスイス並に走るとゆう噂の、優秀なベアリングです。

●ベアリングのタイプ

ベアリングは内部の回転性を持続するために使われているオイルの種類によって、グリスタイプとオイルタイプがあります。

グリスタイプは半永久的に持続するグリスオイルを使用しているためメンテナンス不要で、外部からの衝撃によって壊れるまで一定の性能を持続します。

オイルタイプは定期的に専用のオイルを注入しメンテナンスをしないとかいてんが遅くなり壊れることがありますが、ちゃんとメンテナンスすればグリスタイプよりもスムーズに回転します。

●メンテナンス

オイルベアリングは使っているうちに内部のオイルが切れ、乾いた音がして徐々にスピードが落ちやすくなります。この状態を無視したまま滑っていると、中身が壊れて全く進まなくなったり、バラバラになった部品が飛び出してきます。これを防ぐために、別売りのオイルを定期的にさしてやるようにすると長持ちします。

ここで注意したいのが、ホームセンターに売っている工業用のものではなく、スケートボード専用のオイルを使用することです。

ベアリングのシールドの間にマイナスドライバーなどを差し込んで外し、内側に少量さすようにしましょう。

シールドが外しにくい場合は、シールドの隙間からさしても構いません。メンテナンスの際に綿棒などで内部のゴミを掃除してやると更に良いでしょう。

————————————

C R A S S Action Sports House

〒065-0010

北海道札幌市東区北10条東17丁目1-6

tel:011-311-3492

mail:info@crass-1.com

web:http://crass-1.com/

http://store.shopping.yahoo.co.jp/crass/

SPITFIREのウィール80HDとは?

最近CRASSでブログはじめました!
やばい、最近SNSにはプライベートなことはあまり載せないようにしていたのに…

あ、こんにちは西田です!!!

プライベートなことは書いたり書かなかったりですが細く長くやっていこうかと思ってます。
え〜、いきなりですがタイトルどうりSPITFIRE80HDについて書いてみようかと思うのですがイメージわかないと思うので動画をまず見てください。
短いので3本あげておきます。



これソフトウィールなんです。

1、外を気持ち良く滑りたい。
▶︎ウィールが柔らかいのでスィ〜スィ〜です。
2、近所で練習したいけどウィールの音が…
▶︎ウィールが柔らかいのでスィ〜スィ〜です。
3、オーリーしたい、クルージングしたい!
▶︎ウィールが柔らかいのでスィ〜スィ〜です。
悪路も滑れて、トリックもできる

まさにハイブリッドボードなんです!!!

 

個人的オススメは54mm前後のサイズで普段乗ってる感じで組むとかなり気持ちいいです^^
そんなウィールをお探しの方は
↓↓↓↓↓↓↓↓

コチラ!!!

ネットで買うのはちょっとって方はお店に来てください。
もう少し詳しく説明しますよ^^

西田

 

Morning Skate Gather -PUSH- 2016第二回

毎月一回行っている-PUSH-が本日2016.8.14に開催されました!

天気も非常に良くナイスコンディションで楽しめましたね!

今回はチクタクが少しできるくらいでプッシュはまだ慣れていな方とプッシュはある程度慣れているのでオーリーを覚えたい方、2つのレベルに分けてレクチャーさせてもらいました!

皆さんにも参考になる様に今回気になったポイントをご紹介します!

 

-基本ポジションでかかと重心は×

スケートボードに関わらずそうだと思いますが人はかかとで踏ん張ることができません。
ある程度の負荷がかかると一気に後ろに倒れてしまいます。
なのでややつま先よりの方がバランスを崩しても立て直すことが可能です。
この時デッキがフラットな状態で乗り続けていられる場所を見つけるといろんなトリックが安定します。
デッキが傾いているとトリックをした時に思わぬ回転が加わって足元から離れてしまいます。

 

意識してうまく自分のものにすると必ずうまくなっていきますよ!
もちろん日々の練習は必要です!その練習方法として学んでいってもらえると嬉しいですね!

写真 2016-08-14 13 18 12 写真 2016-08-14 11 49 44 写真 2016-08-14 11 50 08 写真 2016-08-14 11 51 09 写真 2016-08-14 11 52 39

次回は9/19(月)敬老の日です

-PUSH-はスケートボードを始めたい方を応援するイベントです!
まだ道具を持っていない人もレンタル料込みで参加いただけます!

イベント詳細はこちら
http://crass-1.com/event_PUSH.html

スケートボード ウィールの選び方(硬さ・幅編)【初心者のためのスケートボード】

ウィールの選び方【硬さ・幅】
●ウィールって?
スケートボードの車輪(タイヤ)部分です。
乗り心地やトリックのやり易さなどに影響する大事なパーツです。
ウィールには様々な種類、大きさ、硬さがありますので、自分のスケートスタイルに合ったものを選びましょう。
今回は硬さと幅について説明いたします!!
●硬さ
ウィールの硬さは様々で、100aや99duなど、色々な表記がありますが、
数字の後ろについているアルファベットは、実はブランドごとに設けている規格です。
101は硬め、99が標準的な硬さとなっており、それ以下は柔らかめでグリップが強くなります。
数値が80以下のものは、トリック用には不向きでクルージング用に使われます。
硬さが柔らかければなるほど、衝撃を吸収するので、荒い路面でもスムーズに乗ることができます。
●幅
ウィールの幅もブランドやシリーズ、モデルによって様々です。
【幅が広いウィール】
接地面積が広いとゆうことで、しっかりとグリップしてくれ、安定した滑りができます。
【幅が狭いウィール】
ウィール自体の大きさが小さくなるので重量が軽くなり、回し系のトリックがやりやすくなります。
接地面が少ないので、パワースライド系のトリックでも、スムーズに擦ることができ、取っかかりにくくなります。
CRASSでは
SPITFIRE【スピットファイヤー】
BONES【ボーンズ】
OJ wheels【オージェイ ウィール】等々、、
他にもカラー、種類豊富に取り揃えおります!
分からないことがあれば気軽にスタッフまでお尋ねください(^o^)

ウィールが気になった方はこちら

〜CRASS営業時間〜
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
WEB:http://crass-1.com
TEL:011-311-3492
LINE友達追加:https://line.me/ti/p/%40xas9847f

13707527_1774675019480261_320887869489721717_n

13770257_1774675009480262_8193535973059563862_n

13775999_1774674999480263_4256317389463508828_n

スケートボード ウィールの選び方(大きさ)【初心者のためのスケートボード】

ウィールの選び方【大きさ】

●ウィールって?
スケートボードの車輪(タイヤ)部分です。
乗り心地やトリックのやり易さなどに影響する大事なパーツです。
ウィールには様々な種類、大きさ、硬さがありますので、自分のスケートスタイルに合ったものを選びましょう。

今回は大きさ(直径)について説明いたします!!

【50〜52mm】
回し系のトリック向け
小さめで軽い
スケートボードが扱いやすい
トラックはHIでもLOWでもOK。

【53〜55mm】
スピードを活かしたダイナミックな滑り
ウィールの直径が大きいのでスピードが出しやすい
ランプやボウルにオススメ
荒いアスファルトでも力強いプッシュができる
トラックはHIをオススメします。
LOWだとウィールが大きいためバイト(ウィールとデッキが接触して、急ブレーキがかかる)してしまい危険です。

【55mm〜】
街乗りクルーザー向き
55mm以上のウィールを付ける場合にはウィールがバイトしないように、ライザーパッドを入れたり、車高の高いクルーザー用のトラックを使用します。
直径が大きいので加速がスムーズです。

CRASSでは
SPITFIRE【スピットファイヤー】
BONES【ボーンズ】
OJ wheels【オージェイ ウィール】等々、、

他にもカラー、種類豊富に取り揃えおります!

分からないことがあれば気軽にスタッフまでお尋ねください(^o^)

オンラインストアでも販売しておりますので気になったら是非見てみてください♪( ´θ`)ノ

13697110_1774669896147440_2601967751523213836_n 13775380_1774670039480759_2933072065105872725_n

〜CRASS営業時間〜
12:00〜24:00
定休日:なし(年末年始のみ休業あり)
WEB:http://crass-1.com
TEL:011-311-3492
LINE友達追加:https://line.me/ti/p/%40xas9847f