カテゴリー別アーカイブ: CRASS STAFF

トランポリン飽きちゃった?!!

な…なんて人も多いのではないでしょうか?? バックフリップが出来たら次は何をやったらいいんだかわかんないし… 刺激が欲しい…

刺激をください!!!

そんなあなたに!!!

コークやってみませんか???

やっぱり3D系やりたいですよね。

とりあえずこの動画を見てください。

色々練習が必要ですが腹落ち、背落ち、360°、バク宙この4つがきちんとできるようになってくればこの練習に突入できるでしょう。
なんでもそうだけどいきなりやったら怪我のリスクが増えるんでステップを踏んで安全に楽しく練習しましょう^^

冬はもうすぐ!3ヶ月あれば習得できるはず!!!

  ※山でトライするには気持ちも必要です。

西田

ここで練習できます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ C R A S S Action Sports House 〒065-0010 北海道札幌市東区北10条東17丁目1-6 tel:011-311-3492 mail:info@crass-1.com web:http://crass-1.com/ http://store.shopping.yahoo.co.jp/crass/

POLAR SKATE CO.

こんばんは

西田です。

北海道はこれから秋、そして冬に向かってどんどん寒くなってきます。
9、10月はスケートをするには最高の気候です!
スノーボーダーは冬の前の体力、精神力作りにガンガン外でも中でも滑っていきましょう!
特に30代以降の人は冬になってからでは体が動きませんよ笑

今日はCRASSでも最近おすすめしている

POLAR SKATE CO.について。

まず一番知って欲しいのはどんなライダーがいてどんな雰囲気のブランドなのかってこと、
とりあえずは動画を見て感じていきましょう
2012 The Polar Skate Co. Promo

気づいた人も多いですね!
スクリーンショット 2016-09-01 1.13.23←クリックして

2012年の映像なのに最近リリースされたこのデッキに乗っているライダーいましたね。
2016SUMMERモデルでは何本か過去のデザインをリバイバルしたデザインもあります。

ライダーも何名か、
まずはPOLARといえば PONTUS ALV 

スタイリッシュなKEVIN RODRIGUES

ハンパない!!!Hjalte Halbergファッションもスケートスタイルもかっこよすぎ Aaron Herrington

ストリートだけじゃなくパークでもしっかり活躍しているライダーもOskar Rozenberg

バランスのとれたチーム構成、センス抜群のデザイン。
乗りたくなったでしょ?笑

書きたいこといっぱいあるけど夜も遅いんでこれくらいにします。

デッキを選ぶのに迷ってる方、一度手にとって見てもらえたら良さが伝わると思います。

—————————————————————————–
C R A S S Action Sports House
〒065-0010
北海道札幌市東区北10条東17丁目1-6
tel:011-311-3492
mail:info@crass-1.com
web:http://crass-1.com/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/crass/

スキーヤーなのにSKATEするの!?

こんにちは!本日はCRASSスタッフ兼T-crewのYoheiが皆様の

固定概念をぶち壊す内容をお送り致します!!!
今回のタイトル『スキーヤーなのにSKATEするの!?』

私は現在、現役のライダーとしても活動していますがタイトルにある言葉をよく聞かれます。恐らく、多くの方の頭の中にはスキーヤーは横ノリではなくどちらかというとインラインスケートをやるのではないか?もしくは、スケートはやらないでしょ〜!という概念があるんだと感じました。

それは違うんです!!!

スキーヤーもSKATEするんです!!!これは日本人的思想の表れであって、完璧な固定概念です。これから紹介するスキーヤーは現在、世界トップクラスの人気・実力を持ったライダーです。
まずは!映像をご覧ください。“全ては感覚です!!!”

《フリースタイルスキーシェアNo.1ブランドのARMADA本社内にはミニランプが完備!!!》

1st day breaking in the new ramp @gorhamalex @krocadil ✌🏽️

A post shared by Torin Yater-Wallace (@torinyw) on

《X-GAMESでも常に上位にいるTorin-Yater-Wallace自宅に!?》

なんという事でしょ〜〜!!とても上手いっっっ!!!
体の使い方板さばきイメージ能力楽しむ気持ち
ちなみに彼 “Torin-Yater-Wallace” がスキーを履くと…….

本職はもちろんイケイケなんです!!!

結局、何が言いたいかというと!!ズバリッ!!

『これじゃなきゃダメ!!こうあるべきだ!!!』

なんて事は一切無いという事!!!どんな事でも自分の本業や夢中になっている事、やりたい事に必ず活かせるポイントはあり、そのポイントを【感じとれるアンテナ】を持っているかどうかがとてつもなく重要な事です。

これからハイレベルな世界へ飛び込もうとしているプレイヤーにはどんな小さな事でも活かせる事はないか?と常に考えてほしいと思います。どんなに高難易度のトリックをしてもカッコよくなければ評価されないある意味厳しい世界です。と同時に、それをサポートする親御さん達にも頭に入れておいてほしいと思います。偏ったサポートはその子の可能性を狭めていると考えてください。どれだけ大きなアンテナを持てるかが勝負です!!!

後半は少し強めの内容でしたがこれがフリースタイルの世界で生き残る極意です。私自身、様々な事に目を向けこれに気づき実践した結果、スポンサーから必要とされ、こちらもスポンサーの為に誰よりもカッコよく滑ろうと強く思うようになりました。本当の楽しさを感じた時、自分にとって何にも変えられないものになります。そう感じてくれる人が一人でも多くなればいいなと心から願っています!!!

そして、CRASSでは頑張るあなたを全力サポートします!!!

Yohei

 

スノーボーダーもスケートボードを

こんばんは。
今朝はあまりの寒さにパーカーを着てきました。
冬の足音が聞こえて来る今日この頃ですが皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

北海道はスノーボードをやってる人がとても多いのですがスノーボードもスケートもって人は結構少ないですよね。

もったいない!!!

パウダーが好きな人もパークが好きな人も絶対やったほうがいいですよ!
なぜかというと…まずは動画をみてください。

スキー場でもこういう地形とかパーク見ませんか?
そして、スケートではなかなか難しいですがスノーボードならこういう動きできそうじゃないですか?
上半身の動きはスケートもスノーボードも共通する部分があったりします。
でも一番大切なのは

こういう動きを知ってること、イメージできることなんです。

特に子どもたちは絶対やって欲しい、
レール、パイプ、ジャンプをするとき技のチョイスが絶対カッコよくなるから。

あとは単純に楽しいですよってこと笑
もう少しで冬がスタートします。
いろんなイメージをしながらのんびりと雪が降るのを待ちましょう。

 

西田

オリンピックの裏で活躍する日本人女子スケーター

こんばんは。
今日はCRASS GIRLS SKATE SESSIONの日。
前回にも増して歓声が上がっていました。
男性スケーターは下でひっそりとスケート笑

さて、タイトルのとおりまたまたやりましたね!

Kisa Nakamura, 3rd Place Run

こないだ開催されたX-GAMESに続き
『Vans Pro Skate Park Series World Championships』でもその実力を見せてくれました。
日本人でも世界に通用するということを証明してくれましたね。

1位、2位の滑りも見てください。

Jordyn Barratt, 2nd Place Run

1st Place Run: Brighton Zeuner

1、2、3位は接戦でしたね。

14051646_10154263112055306_8337995209418892603_n

攻めるときプロテクターは必要なので必ず装着しましょう。

西田